"The Hatred"

Gauze, egg cases, plaster / Installation / KEY Gallery, Tokyo, Japan /
Work for solo exhibition / 2009


I had a solo exhibition in Tokyo, Japan, in 2009.
The concept of the artwork was the "Hatred".
"There is much hatred in this world, and spreading over..."
I thought like this, at that time.

I created these eggs by plaster, and wrapped them by medical gauze,
and then allowed mold to grow on the surface of the gauze eggs.
The scenery of the growing mold looked just like kind of spreading hatred.
At that time, I had somethings dark in my mind, and so expressed the feeling like this,
but I think it is important to hope the good future in my life nowadays.
This work is the dark side of my mind.

Everyone has both dark and bright sides in each mind,
but basically humankind want to look for the bright light in life, I think.




「憎悪」

包帯、卵ケース、石膏 / インスタレーション / KEYギャラリー、東京都中央区、日本 /
個展用作品 / 2009年


私は東京のギャラリーで2009年に「憎悪」というタイトルの個展を開催しました。
この世界には巨大な憎悪があり、世界中に広がってしまっている・・・
この頃の私はそう考えていました。

この作品は石膏で卵の形を造り、それに包帯を巻いて作ったものです。
そして、その表面にカビを生やしました。
カビが育ち、広がっている様が憎悪の感情が広がっていっているように見えます。
心に暗いものを抱えていた時期だったので、それがこのような形で出たのだと思います。
今の私は未来に希望を持つことが大切だと考えています。
この作品は私の心の中の暗い面を表現したものになっています。
誰でも心の中に暗い面と明るい面を持っています。
しかし、基本的には人というものは光を求めて生きていくものだと私は思っています。













back