"Haihatus Residency"

Gauze, decayed woods / Photograph /
Haihatus Residency, Joutsa, Finland / 2015


I went to Finland for the artist in residence program, in 2015.
It was in April, but so cold, there was much snow on the ground.
But I felt the great surroundings, it was great nature, and beautiful forest.
These works reflect the natural atmosphere in the forest and kindness of local people.
During this residency period, I picked up some decayed woods as one of the materials.
Basically, I have used daily necessities for my works so far,
but at this time I would like to have tried natural things,
it was challenging experiment for me.
I wrapped these woods by medical gauze, for saving and preserving the history of
Finland and this whole world.
After the woods and various plants got decayed for a long time,
this world exists now, and the phenomenon continues.
I would like to respect and treasure the power and energy of great nature in this world.




「アーティストインレジデンス at Haihatus」


包帯、朽ちた樹木 / 写真 /
Haihatus、ヨウツァ、フィンランド / 2015年


私がレジデンスのためにフィンランドに行ったのは2015年のことでした。
季節は四月、しかしとても寒く、雪もありました。
しかし私はその偉大な自然、美しい森を素晴らしいと感じました。
これらの作品は自然の偉大な空気感と地元の人々の温かさを反映しています。
このレジデンスでは、私は作品の素材として朽ちかけの樹木を選びました。
基本的に私はこれまで日用品を作品の素材にしてきましたが、
この時は自然界のものに挑戦したいと思いました。
それは私にとってやりがいのある実験でした。
私はフィンランド、そしてこの世界全体の歴史を守り、
保存したいとこれらの樹木を包帯で包みました。
樹木、植物が朽ちていき、現在のこの世界があります。
そしてこの現象は続いていきます。
私はこの世界の自然のパワーとエネルギーを尊敬し、大切にしたいと考えています。







back