"Early Works"

Gauze, daily necessities / Sculpture / Around 2000 / Japan

I started creating artwork after graduating Kuwasawa Design School.
At first, I wrapped the daily necessities around me in medical gauze,
at my parent’s home I lived at that time.

I found some interesting stuffs inside warehouse of my home,tricycle, stroller, and so on.
They are things that I used during my babyhood, and my cousin also used them.
They have simple design and form.
In modern society, daily stuffs for children have too much complicated design,
for example, by animation characters, though.
These daily things remind me of my childhood, and I feel something nostalgic.
I have so much precious memories in my life, and at the same time everyone has them, naturally.
So, I can share the feelings through my artwork, I think.
The feelings are my concept of my work, and these early works are my origin.




「初期作品」

包帯、日用品 / 立体作品 / 2000年頃 / 日本


私は桑沢デザイン研究所を卒業した後、美術作品の制作を始めました。
最初は私が当時住んでいた実家にあった日用品を包帯で包んでいました。
私は自宅の倉庫の中に、三輪車やベビーカーなど、興味深いものを見つけました。
それらは私が幼年期に、そして私のいとこが使っていたものでした。
シンプルなデザインと形をしています。
最近では子供向けの日用品はアニメキャラクターなどでごちゃごちゃしたデザインをしていますが。
これらの日用品は私に子供時代を思い出させ、郷愁を誘います。
私は自分自身の人生に於いて、多くの大切な思い出を持っていますが、
それは誰でも同じことで、だからこそ作品を通してそれを共有することが出来ます。
それも私の作品コンセプトであり、これらの初期作品は私の原点でもあります。









back