"A Car", "A Piano"

Gauze, car & piano / Installation / Gallery Furuto, Tokyo, Japan /
Work for the art festival "Ecoda Universe" / 2011


I participated in the art festival "Ecoda Universe" in Nerima Ward, Tokyo.
That was the first time of this event, so we tried to do our best for holding good exhibition.
Ekoda is one of the station on Seibu Ikebukuro line, we had the event around the station.
The area we stayed for the event was so nice, because people were so kind and friendly,
for example, when I created these artwork outside, they talked to me
"what are you doing?".

In 2011, we experienced disastrous earthquake in Japan, so many people were injured
or dead, unfortunately. It was so horrible experience. Many people had shocked in mind.
I expressed the miseries we felt and experienced for that earthquake in these works.
Many stuffs were flushed by enormous Tsunami in northern region of Japan,
they were houses, furniture, cars, and so on.
We had sad experience at that time in Japan.
But, all Japanese should remember these sad experiences for the future, I think.
I dedicated these artwork to the victims of this disaster.




「A Car」、「A Piano」

包帯、自動車・ピアノ / インスタレーション / ギャラリー古藤、東京都練馬区、日本 /
江古田ユニバース出品作品 / 2011年


私は東京都練馬区で行われたアートイベント「江古田ユニバース」に参加しました。
イベントとしては第一回目で、私達は良い展示にするために最善を尽くしました。
江古田は西武池袋線の駅のひとつで、その江古田駅周辺にて展示を行いました。
私達がイベントのために滞在した地域はとても素敵で、私が屋外で制作をしていると、
通りがかりの人が「何してるの?」と声をかけてくれるほど、親しみやすく人情味のある
街でした。

2011年、日本では酷い地震があり、とても多くの人々が怪我をしたり残念ながら
亡くなったりしました。
とても恐ろしい経験だったので、精神的なショックを受けた人も多く居ました。

これらの作品で、私は多くの物(家、家具、自動車など)が津波によって多く流されてしまった
地震というものの恐ろしさ、悲惨さを表現しました。
犠牲者の方々に捧げます。
日本人はこの経験を先々まで忘れず、記憶に留めておくべきだと思います。













back